ピョコタン・めぐみ、2016年のゲームを振り返る。「スーパーマリオランは傑作」






任天堂信者の生主ピョコタンとYouTuberのめぐみが2016年に発売されたゲームを振り返る生放送を行った。
01
毎年恒例の「ゲームオブザイヤー」生放送。
今年は一体どんなゲームを2人を語るのだろうか。 


02

04ピョコタン
「スーパーマリオラン!ぼく、これ黒コインまで全部あつめちゃったw」

03めぐみ
「出たばかりのゲームだから厳し目に言ったとしても、今年の歴史を変えたゲームですよ。」
 
 

ガチゲーマーの2人は、スーパーマリオランにまだ言いたいことがあるようです。




06

03めぐみ
「任天堂をわっしょいするのはイヤだけど、2016年やっとかなきゃ損ですよ。こんなにおもしろいゲームはないです。」


04ピョコタン
「任天堂の株主の「物理キーを作れ」という頭が悪い意見を無視してスマホでアクションゲームを作ったわけだ。」


04ピョコタン
「宮本茂さんも言ってたけど、マリオの上級者は基本的にずっとBダッシュをしている。あとはジャンプのタイミングしか気にしない。スーパーマリオランはスキルゲームになっているんですよね。」

 03めぐみ
「宮本さんわかってるね~。」

 04ピョコタン
「でも、任天堂はネットワークゲームの展開が下手すぎ。せっかくスーパーマリオランは名作なのに株価は暴落してるんだよ。」

03めぐみ
「いやいや、ネットワーク要素はあるけどクリアしたら終わりじゃん。ネトゲじゃないよ。」
 





確かに任天堂はネットワークゲームはことごとく失敗してる。(Miitomoなんてあったよねw) 
05
2人のゲーム談義は尽きない…。

ツイッターではこんな反応も


ゲーム好き同士で話してるとあっという間に時間が経つよね。

ダラ速Twitter1

 2人のゲーム談義の動画はこちら



LINE@始めました。好きな実況者名で話しかけると、その実況者に関する記事まとめを返すよ
友だち追加数




コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星