もこう「中国製任天堂Switchのゲット!」→「ただのアンドロイドタブレットでした・・・」




2016-10-20-234135


2017年3月に発売が決定した、任天堂の次世代ハード『Switch』
「切り替え」という名前が示す通り、据え置き機としてもポータブル機としても使える
画期的なゲームハードとして注目を集めている。

今だに全貌が見えないこのSwitchだが、
中国では既にこれとそっくりなハードが作られているという。 





その名も『MorphusX300』

5


確かに、外見はそっくりだ。


 2


雑談系ゲーム実況者のもこうが、
実際に3万円するこのハードを購入し使用感を試した。



4


箱の中身は

・本体であるタブレット
・両側に装着するコントローラーが左右一つずつ
・USB充電器
・ペラい説明書


3


コントローラーは、ボタン配置が違うようだ。

そして、本体の裏にはなぜかマグネットが仕込んであり、
冷蔵庫などに貼り付けることが出来るという謎仕様になっていた。



5


さっそく本体を起動してみるも・・・
画面に表示される「android」の文字。

遊べるゲームも、アンドロイド端末でプレイできるゲームだけの様子。

6



要するに、

「単なるアンドロイドタブレットとコントローラーのセット」

だったようだ。 


7
 

まあ、それでも普通に遊ぶことは出来たのだが・・・



8もこう
「こんなん、スマホでええやん・・・」 




<動画はこちら>





そんなこと言ったら、「Switch」自体もスマホでよくね・・・?
まあ、この機械、スマホゲーのコアゲーマーには需要があるかも。 

ダラ速Twitter1


LINE@始めました。好きな実況者名で話しかけると、その実況者に関する記事まとめを返すよ
友だち追加数




コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星