湯毛のベテランアーティストとの共演から、その実力を考察してみた【湯毛歌分析シリーズ】




湯毛の音楽遍歴は、ニコニコでの枠にとどまらない。
過去に共演したアーティストとも親交が深く、中でも人気カバーユニット「LambSoars(ラムソアーズ)」のthat氏とは交流が続いているようだ。
以下、that氏のプロフィール

04


“that”

都内を中心に活動するシンガーソングライター。ライブ活動を中心とし、ボーカリストへの曲提供やギタリストとしての活動(アニパラ音楽館:影山ヒロノブ氏、遠藤正明氏のバックバンド等)にも力をいれている。
2008年にabsorbのギターボーカルとしてメジャーデビュー。2010年に解散し、そこから現在に至るまでソロで活動している。
ポップスを中心にさまざまな楽曲を提供。NHK Eテレ「鷹の爪」テーマ曲・国内外で人気ゲームアプリ「ねんしょう for Girl」テーマ曲、その他、ゲームやイベントの挿入歌・効果音等。自スタジオにてレコーディング、楽曲アレンジ、ミックスダウンからマスタリングまでこなすマルチアーティスト。(以下略)
~公式HPより引用~
えー、
経歴がえらいことになっています(汗
1987年生まれということで、若いのにものすごい活躍っぷり。
自身のメジャーデビューの経験もさながら、超大物歌手のバックバンドまでやってのけてしまうベテランアーティストである。



今回取り上げたのは、LambSoarsとコラボレーションした
【シティハンター】GetWild / TM NETWORKだ。 
前回同様、偉そうに分析してみたよ。
関連記事:湯毛のヒトカラ事情から、その実力を考察してみた。【カラオケ好き必見】

02
どこか漂うブルゾン感

向かって左から
カケリネ(LambSoars)/ 湯毛ぽ /  that(LambSoars)

ピアノで弾き語るカケリネも、ものすごいシンガーだ。 
メンバーがすごすぎて、やや湯毛がかすむレベルかと思いきや......。

03

要らぬ心配をしてしまった。

湯毛の魅力その1:声質
独特の歌い方から、熱いアニソンなどがマッチする湯毛であるが、重要なのは「自分の声の魅力を最大限に理解している」という点。
その声質が魅力的に聞こえるのも、湯毛の自己研鑽の結果である。

湯毛の魅力その2:威風堂々
スーパーアーティストに囲まれているにも関わらず、全く物怖じせず歌い上げる胆力
全く媚びることなく、きちんと自分を貫き通すことは、アーティストとして当然の姿勢である。
しかし、どのような状況でも微塵も隙を見せないのは、さすが湯毛である。

湯毛の魅力その3:対応力
どのような曲調の曲でも自分の色に仕立てることができるというのは、曲に合わせていないようできちんと合わせることができるからである(=楽曲の理解)
今回、カケリネ氏とthat氏のアンサンブルがかなり強力であるにも関わらず、決して負けない、しかしきちんとアンサンブル(の熱量)に溶け込んだパフォーマンスを聞かせてくれる。


分析をやればやるほど、湯毛は素晴らしい歌い手であることがわかる。
当然、ニコニコの歌い手に留まる器ではない


おまけ
歌い終わった後のブルゾン感。
04



ネットの反応
湯毛やっぱうめぇ
ゆげぽの声昔から好きだぁ…
湯気さんだ!やっぱり歌も上手くて流石です✨
このコラボも良い感じですね( ・ㅂ・)و
湯毛さんとラムソアーズのコラボ!しかもGetWildとは。最高です!!
ゆげぽぉぉぉん!かっけぇぇ!


湯毛はどんどんいろんな人とコラボしてほしいなあ。
そうして進化した湯毛が、わくバンにいい影響を与える、と。 

ダラ速Twitter1


LINE@始めました。好きな実況者名で話しかけると、その実況者に関する記事まとめを返すよ
友だち追加数


コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星